hmb効果はあるのか!?筋肉トレーニングの効果UP!?


果たして、hmbを使った筋肉トレーニングとhmbを使っていない筋肉トレーニングではどのくらい違いがあるのだろうか?望ましい筋肉トレーニング方法と併せてご紹介しよう。

腕の筋肉トレーニングとhmb

腕と言えば、特に二の腕を鍛えたい人が多いのではないでしょうか。
腕の筋肉トレーニングにも様々なコツがあります。
自分に合ったトレーニング方法を見つけて鍛え上げていきましょう。

<ダンベルは重ければいいというものではない>
腕を鍛えようとしていきなり持ち上げるのに苦労するような重すぎるダンベルを選んでしまうのはNGです。過度な負担は腕だけでなく、骨や体全体にも良くない影響を与えてしまいかねません。ダンベルは、最初は軽いもので構いません。回数や重さは徐々にステップアップさせることが大切です。hmbには筋肉の炎症を抑える効果も期待はできますが、負荷が大きすぎるとさすがに守り切れません。無茶なトレーニングはやめて、コツコツを続けていくことを意識しましょう。また、左右の腕に差が出てしまわないよう均等に力を加えることも重要です。

<hmbで二の腕の筋肉疲労を予防する>
hmbの嬉しい効果のひとつに筋肉疲労の予防があります。もちろん、摂取すれば絶対に疲れないというものではないので過度な疲労には注意しましょう。筋肉痛をなるべく軽減したい人、筋肉の炎症を予防したい人はhmbを頼ってみるのも良いでしょう。

腹部の筋肉トレーニングとhmb

ムキムキになって筋肉が割れているようなお腹に憧れてはいませんか?
hmbを併用した筋肉トレーニング次第では、ムキムキの腹筋も夢ではありません。
腹筋もやはり、続けることが重要なポイントとなります。
負荷をかけすぎないトレーニングを心がけましょう。

<程よいところで止めるのも効果的>
腹部へ無理に負担をかけ続けさえすればムキムキになるとは限りません。そもそも、無茶が伴う筋肉トレーニングは長続きしない場合も多いです。好き好んで行っているのであれば良いですが、コツコツ続けたい人は「もう少し腹筋をしたいな」と思う程度で一旦ストップしておきましょう。そうすることで、ストレスなく筋肉トレーニングを続けることができます。1日の中で限界まで腹筋してしまうと、その1日で満足してしまう可能性もあるからです。また、腹筋をする際は足を伸ばしたままにするのではなく、必ず90度に折り曲げて行いましょう。

<hmbで理想的な腹筋を手に入れる>
お腹周りは脂肪分が多い場所でもあります。hmbは効率よく脂肪を筋肉へ変える手助けをしてくれます。何も使わずに腹筋をするよりも、身体の内部から変化が起こるhmbを使用することでより効果的な筋肉トレーニングを行うことができ、腹筋も目で見て分かる形で結果がついてくることでしょう。

脚の筋肉トレーニングとhmb

脚の筋肉トレーニングにはランニングがおすすめです。
ランニングは脚の筋肉を強めるだけでなく、腹筋も併せてトレーニングできます。
スクワットも良い方法ですが、足腰に過度な負担をかけてしまうこともあります。
ランニングであれば気軽に取り組める上に気分転換にもなるので便利です。

<ランニングマシンを使うのもOK>
外で走るのは人目が気になる、交通事故などのリスクは避けたいといった人はランニングマシンを使うのも良いでしょう。室内でも利用ができ、自動運転であれば速さも調節できます。サイクリングマシンでも良いですが、身体全体を使いたいのであればランニングマシンの方がおすすめです。

<hmbは飲みやすいから便利>
激しい運動の前後は食事を受け付けない人もいるかと思います。走った後に大量のプロテインを胃に流し込むのは苦痛ですよね。hmbであればサプリメント錠として摂取できるので、楽に飲み込むことができます。当然ですが、運動中の摂取は危険なので避けましょう。ゆっくりと体を休ませてから、あるいは運動の数時間前・数十分前に摂取しておいた方が良いです。摂取しにくいものは無理に続けても苦痛になるだけです。一方、hmbはコンパクトサイズなので携帯にも便利です。

背中の筋肉トレーニングとhmb

背筋のトレーニングにも色んな種類が存在します。
伸び縮みするひも状のゴムを使って背筋を鍛える人もいます。
お腹を地面につけ、手足を浮かせてゆりかごのように揺らして背筋を鍛える人もいます。
様々な手段が選べるので、自分が楽しいと思えるトレーニング方法を選び出しましょう。

<背中を鍛えるのは大変>
背中の部分をムキムキにするのは簡単なことではありません。だからこそ、多方面から背部を鍛える必要があります。低い横向きのポールなどに足の裏を引っ掛けて、上半身を上に浮かせる背筋トレーニング方法もあります。ジムで特殊な器具を利用するのも良いでしょう。どの部分であれ、筋肉は急にムキムキになるわけではないので、じっくりと取り組んでいきましょう。

尻の筋肉トレーニングとhmb

腕や腹筋がムキムキでも、お尻がたるんでいると格好悪いですよね。
お尻の鍛え方は意外と難しくはありません。
忘れずにお尻もしっかりと鍛え上げていきましょう。

<忘れがちな部分の筋肉にもhmb>
お尻などは意識しないと筋肉がつきにくい部分のひとつでもあります。ランニングも良いですが、日頃からお尻を引き締めることを意識していくことが大切です。横向きになった低いポールなどに足を引っ掛けて上半身を浮かせ、お尻を引き締めて10秒ほどキープさせる方法もおすすめです。届かない部分にも届いてくれるのがhmbの特徴でもあります。

hmbの特徴を活かした筋肉トレーニング

いかがでしたか?自身で行うのであれば体に負荷のないトレーニング方法を、ジムなどでトレーナーがいるのであればトレーナーの指示に従って効率よく筋肉トレーニングを行っていきましょう。hmbは筋肉の強い味方なので相性バッチリです。飲みやすさ、携帯のしやすさにも優れています。筋肉トレーニングとhmbの摂取で大切なのは続けることです。結果を焦らず、コツコツと続けられる人ほどより早い成果を上げられることでしょう。