女性向け!自宅で出来る筋トレダイエット7選

ジムに通う時間とお金がなくても、自宅で簡単に出来る筋トレダイエット方法があることをご存じですか?1日数分だけであってもコツコツと続けることでダイエット効果が期待できます。女性に嬉しい筋トレダイエット方法7つを厳選してみました。

バストアップも狙える筋トレダイエット方法

胸の脂肪は身体の中でも燃焼しやすい部分です。無理なダイエットを行うと胸ばかりが痩せてしまい、女性にとっては喜べない結果となってしまうこともあります。今回ご紹介する筋トレダイエット方法はバストアップも兼ねて行える方法なので、ぜひ試してみてください。

<簡単エクササイズでバストアップ>
両腕を内側に折り曲げて合掌のポーズを取ります。そのまま両手を押し合います。脇の少し上にある筋肉に力が入るよう意識するとより良いです。最初は5秒キープして5秒休むを繰り返し、慣れてきたら10秒キープして10秒休ませましょう。1日3~5回繰り返すだけでも続けることでバストアップが期待できます。バストアップを狙いながら筋トレが出来る方法です。

ウエストのくびれを手に入れる方法

太巻きのような胴体だと、どんなにオシャレなファッションを身に着けてもイマイチ決まらず、水着を着る時も恥ずかしいものです。くびれを手に入れたい人のためにとっておきの筋トレ方法があります。

<ひねりが重要なトレーニング>
腹筋をしながら体を左右にねじります。最初はスピードを意識しなくても構いません。腹筋がつらい人は体育座りをしたまま体を左右に捻るだけでも大丈夫です。椅子に座った状態でも立った状態でも出来ます。続けてみましょう。

お尻を引き締める筋トレダイエット方法

普段はあまり意識をしていなくても、周りの人が意外と見ている部分でもあるお尻のたるみ。だらしのないお尻は実年齢よりも老けて見られることもあります。しっかりと引き締めて美しいラインをキープしましょう。

<お尻のたるみを予防・改善>
柔らかいものを下に敷いて、うつ伏せに寝た状態で上半身と足先を少し浮かせます。両腕は伸ばしても良いですし、つらい場合は曲げても構いません。ゆりかごのようにゆらゆらと揺らして5秒ほど続けます。5秒休んだら再び繰り返し、1日3~5セットほど繰り返すことをおすすめします。背中に力が入りがちですが、お尻の引き締めを意識しましょう。

ふくらはぎのむくみを解消する方法

ふくらはぎの引き締めを狙うのであれば、先ずはむくみの改善を行うことが望ましいです。冷えや運動不足、水分不足など様々な理由でふくらはぎはむくみやすい状態となります。筋トレと併せて冷え対策・水分不足にも気をつけましょう。

<引き締まった美脚を目指す>
椅子に座った状態で、つま先だけを地面に着けてふくらはぎをキュッと引き締めます。最初は引き締めたまま5秒キープさせ、そのあとは5回ほどかかとを上げたり下げたりしながらふくらはぎに刺激を与えます。これを1日3~5回繰り返してみましょう。

二の腕のたるみを改善する筋トレダイエット方法

動かす度に二の腕がぷるぷると震えるのは嫌ですよね。とはいえ、ダンベルを持っての筋トレはきつくて長続きしないものです。でも、実は二の腕は道具がなくても鍛えることが出来ます。

<フライパンを持ち上げられますか?>
女性の腕の筋力は衰えやすく、中にはフランパンを片手で持つこともままならない人がいます。二の腕もしっかりと意識してトレーニングしておきましょう。先ず、片手を真っすぐ前に伸ばします。もう一つの手で二の腕部分を優しく握ります。ダンベルなどの重りは不要です。そのまま二の腕が伸びたり収縮しているのを意識しながら腕を90度に曲げて伸ばすを繰り返してください。このとき、動かしている方の腕の手はグーにしてダンベルを持っている時と同じように手の指が内側に来るようにすることもポイントです。これを片腕ずつ5回ほど繰り返します。1日2~3セットでも充分です。次に、表彰状を受け取る時のように両腕を伸ばしそのまま天井へグーッと伸ばしていきます。最初はつらくない程度に休み休み取り組んでみてください。

顔も筋トレ!顔痩せダイエット方法

顔にも実は様々な筋肉が存在します。特に大切なのは表情筋です。表情筋が衰えると、しわ、たるみ、二重アゴなどを招いてしまいます。

<しわ、たるみ、二重アゴの予防にもなる顔の筋トレ>
口を「あ」と開けて眉毛を吊り上げます。次に、「い」と大げさに口を広げて首の筋に力が入ることを意識します。そして、「う」と口をすぼませ思いっきり唇を突き出します。「え」の時は顎の筋肉を意識しましょう。最後に「お」の口にした時は再び眉毛を吊り上げます。一見、簡単なようで顔全体の筋肉が使われる運動なので続けて挑戦してみましょう。

毎日続けられる楽ちん筋トレダイエット方法

自宅で出来るとはいえ、筋トレがどうしても続かないという人は、湯船の中で筋トレを行うことをおすすめします。水が体重を支えてくれるため、大きな負荷なく続けることが出来ます。

<体への負担を軽減させて腹筋が鍛えられる>
胸のあたりまでお湯をためたら、両腕を使って体を浮かせます。脇をしっかりと閉めておきましょう。顔は水中から出したままで良いです。おへそは天井を向いた状態にします。足は伸ばしても良いですし、折り曲げても構いません。そのまま5秒ほどキープさせましょう。単に体を浮かせるだけではありますが、腹筋にはしっかりと力が入っています。お腹の贅肉が気になる方、ウエストを引き締めたい方におすすめの方法です。

<腕の筋力も鍛えられる>
同じく、両腕だけで身体を支えながら腕を曲げたり伸ばしたりするだけで腕の筋力も鍛えられます。陸上で腕立て伏せをするよりも楽に行うことが出来ます。尚、多くても10回までにしておきましょう。また、腕の伸縮は脇を閉めた状態で行うことをおすすめします。毎日何気なく続けているだけでダイエットにも繋がります。

女性向け自宅で出来る筋トレダイエットまとめ

これらの方法は女性でも簡単に行うことが出来ます。どれも毎日コツコツと続けることが肝心です。