hmbを摂取している人はプロテインを併用するべき!?


「プロテインを愛用していたけれど、hmbに切り替えようと思う。ところで、hmbを摂取するとしたらプロテインを止めるべきなの?」そのような疑問を解決すべく、hmbとプロテインのメリットデメリットも踏まえて併用すべきかどうかを解説したいと思います。

そもそもプロテインとは?

タンパク質を英語にすると「プロテイン」となります。つまり、プロテインとはタンパク質を補給する食品であると言えます。一言にプロテインといってもメーカーや種類などは数多く存在します。各々に含まれている成分はやや異なりますが、メインとしては筋肉を作るための栄養素であるタンパク質と炭水化物です。

プロテインのメリット

hmbへの切り替えや併用を考えている方は、改めてプロテインのメリットを見直してみましょう。

<メリットその1:吸収性に優れている>
プロテインの良い所は、液状であるため吸収性が良いという点です。食事と一緒にドリンク感覚で摂取することも出来ます。プロテインにも成分が細かく書かれているので安心して飲むことができます。吸収性を意識したい人は食べ物だけに頼らずプロテインを併用するのも良いでしょう。

<メリットその2:飲み方を工夫することができる>
液化させて摂取することが多いプロテインですが、どの液体で割るかで味や飲み方を工夫することができます。甘みが欲しい人はきな粉を一緒に入れて飲む人もいますし、生卵を一緒にシェイクして飲む人もいます。また、牛乳で割る人もいます。飽きて来たら工夫ができるところも続けられる秘訣なのかもしれません。

<メリットその3:食事量の減量にも繋がる>
プロテインを飲むと満腹感が得られる人も多いのではないでしょうか?しっかりと食事を摂ることも大切ですが、ダイエットを意識している人でしたらプロテインを摂取して食事量を減らすという方法も出来なくはありません。お菓子などを食べてしまいがちな間食をプロテインに置き換えている人もいます。プロテインは空腹しのぎにも便利です。

プロテインのデメリット

一方で、プロテインにはデメリットも存在します。hmbでプロテインのデメリットをカバーするのも良いでしょう。

<デメリットその1:携帯に不便>
プロテインを摂取するには、多くの場合、シェイカーが必要となります。また、小道具が必要となるだけでなく、実際にシェイクする必要もあります。飲み終わった後はシェイカー容器を洗浄しなければなりません。hmbであればタブレットとして摂取することができるのでこれらの手間をかける必要がありません。

<デメリットその2:のど越しや味に飽きる>
いくら工夫ができるからといって、毎回バラエティーを考えるのも一苦労です。プロテインが大好きな人であれば平気かもしれませんが、仕方なく飲んでいる人にとってはプロテインののど越しや味には飽き飽きしているのではないでしょうか。お腹が空いていない時に無理矢理流し込むのも苦痛です。一方でhmbは錠剤として摂取することができるので、嫌な味に耐える必要もありませんし、さっと気軽に飲むことができます。心と体の負担を取り除いてくれるような存在です。

<デメリットその3:おならが臭くなる>
プロテインを摂取している人に時々見られる口コミですが、大量のプロテインの摂取によっておならが臭くなるとの情報もあります。おならはそもそも臭いものなので、それがさらに臭くなると思うと心配ですね。

hmbの特徴とプロテインとの相性

それぞれに含まれている成分との相性も重要ですが、hmbの特徴を活かしつつプロテインを併用する方法はアリのようです。

<hmbの特徴>
hmbにはタンパク質の代謝率を高める働きがあります。一般的なプロテインにはタンパク質が多く含まれているので、hmbとの相性は良いと言えます。さらに、hmbはダイエットにも良いと言われています。hmbは筋肉に伝達をする働きがあるため、筋肉の生成や筋肉を補助する働きを期待することができます。プロテインによる食事の減量と併用することでより効果的なダイエットへと繋がるかもしれません。

<プロテインとの相性>
一般的にhmbは錠剤であることが多く、プロテインは液状にして服用することが多いため、プロテインと一緒にhmbを摂取するというのは可能です。プロテインだけではいまいち実感が得られない、より効果的な筋力トレーニングを行いたいなど筋肉・体質に悩みがある人はhmbとプロテインを併用してみるのも良いでしょう。hmbには副作用の報告がないため安心して飲み続けることができるのも魅力のひとつです。プロテインに飽きた時はhmbで、hmbに飽きた時はプロテインを摂取するなど交互に飲んで工夫する方法もあります。hmbには変な臭いがないため続けやすいといったメリットもあります。双方のメリットデメリットを比較しつつ、上手く利用していきましょう。

hmbとプロテインの併用まとめ

いかがでしたか?
最後に、簡単にhmbとプロテインの併用についてまとめてみたいと思います。

<hmbとプロテインの併用>
各々の成分との相性にもよりますが、両方を摂取するといった選択肢はアリです。どちらに関しても重要なのは続けることです。交互に飲む方法もありますが、特にhmbは断続的に飲んだ方がより良いと言えるでしょう。

<hmbとプロテインの役目>
プロテインは文字通りタンパク質を補う食品です。hmbはタンパク質の代謝率を上げ、さらに筋肉へ伝達する働きを持ちます。プロテインを食事、hmbをエネルギーに置き換えて考えると良いかもしれません。プロテインを続けることがつらい人、hmbだけでは少し心配だという人はhmbとプロテインを併用してきましょう。

<もちろん置き換えもOK>
食事で充分なタンパク質が摂取できている人は無理にプロテインを続けず、hmbだけに絞るのもOKです。無理をするとストレスになってしまい、体のためにやっていることが負担になってしまいかねません。飲みやすさや携帯のしやすさで言えばhmbがやはり優れています。中には、hmbだけでも充分な効果を得られている人もいます。プロテインを併用するのも良いですし、hmbのみに置き換えるのも良いです。