ビルドマッスルhmbの効果とは!?

「ビルドマッスルhmbの効果を分かりやすく知りたい!」とお悩みの方へ、ビルドマッスルhmbの効果・作用について簡単にまとめてみました。

ビルドマッスルの成分のhmbとは?

正しくは、β-ヒドロキシ-β-メチル酪酸と言い、必須アミノ酸のロイシンから生成される代謝物質です。主に筋肉への伝達を手伝う成分であり、食べ物を摂取することによって体内で作り出されます。しかし、ロイシンから生成されるhmbはわずか5%程と言われています。

<hmbの主な効果と作用>
筋力アップに必要と言われているロイシンですが、ロイシンがhmbに分解されなければ意味がありません。食べ物から摂取してもロイシンから作られるhmbはごくわずかです。作られたとしても、そこからきちんと吸収されるといった保証もありません。そもそも、日頃の食事によっては充分なロイシンが取り込めておらず、hmbが不足している可能性も充分にあります。hmbは厚生労働省からも推奨されている成分です。ビルドマッスルhmbは不足したhmbを補うためにも開発されたサプリメントです。

ビルドマッスルhmbがサポートする黄金サイクル

ビルドマッスルhmbには、アピールポイントでもある3つの黄金サイクルがあることをご存じでしょうか?肉体づくりを目指している人にとって痒い所に手が届くような素敵なサポートをしてくれるビルドマッスルhmbの黄金サイクルがこちらです。

<3つのサイクルが筋肉をサポートする>
トレーニングを行うと筋肉が傷ついていくことをご存じでしょうか?超回復と言って、筋肉を大きくするにはトレーニングなどで筋肉を破壊し、タンパク質・アミノ酸によって修復し、休ませることでより丈夫な筋肉を生み出すサイクルがあります。これらのサイクルをサポートして、筋肉により効率的な栄養素を与え、補助を行うのがビルドマッスルhmbの役目とも言えます。

ビルドマッスルhmbに含まれている成分

ビルドマッスルhmbには、hmbだけでなく様々な補助成分が含まれています。ビルドマッスルhmbに含まれている各種成分についてご説明しましょう。

<ビルドマッスルhmbに含まれているBCAAの効果について>
正しくは、Branched-Chain Amino Acidsと言います。ロイシン・バリン・イソロイシンが該当します。これらのアミノ酸は、たんぱく質が分解されてペプチドになり、ペプチドがさらに分解されることでアミノ酸になるといったサイクルで生み出されます。また、これらの必須アミノ酸は体内で自然に作られることはありません。食べ物などから栄養分を得なければ作られないものなのです。さらに、BCAAは筋たんぱく質に含まれる必須アミノ酸の35%を占めています。BCAAは哺乳類にとって欠かせない成分でもあります。

・BCAAの主な作用
BCAAは筋肉を動かすエネルギーの素とも言えます。さらに、肉体的・精神的な疲労感を和らげる作用も持ち合わせています。BCAAは筋肉を作る上で欠かせない成分でもあるのです。

<ビルドマッスルhmbに含まれているグルタミンの効果について>
スポーツ選手が積極的に摂取している成分のひとつでもあるグルタミンですが、特に運動後などトレーニングの後に摂取することが望ましいと言われています。筋肉だけでなく、消化器官を整えるためにもグルタミンは良いとされています。外科手術後の回復を促進させるためにグルタミンが点滴されることもあります。

・グルタミンの主な作用
グルタミンとは、主に回復をサポートする成分です。筋力トレーニングを行った後の筋肉はダメージを受けている状態となります。超回復を促すためにも、グルタミンなどでサポートすることが重要です。

<ビルドマッスルhmbに含まれているバイオペリンの効果について>
バイオペリンとはブラックペッパーから作り出された成分です。むくみや体の冷え、代謝の向上などが期待されている成分でもあります。特にピーアールされている部分としては、成分の吸収を高めるサポートに役立つという点です。バイオペリンがビルドマッスルhmbに含まれることによって、hmbなどその他の成分をより吸収しやすくする働きが期待できます。

<ビルドマッスルhmbに含まれているフェヌグリークの効果について>
フェヌグリークとはハーブの一種で、種子はハチミツのような香りと独特の苦みを持っています。フェヌグリークの種子は香辛料のひとつとしてカレーに使われることもあります。その他にも、煙草やハチミツの添加香料として使用されることもあります。フェヌグリークは昔からヨーロッパでは薬草として使われていました。血糖値上昇の抑制、コレステロール値の低下などが期待できるのではないかと言われています。

<ビルドマッスルhmbに含まれているトンカットアリの効果について>
トンカットアリは、主に男性の精力をアップさせる増強剤として注目されています。マカほどの知名度はありませんが、昔から滋養強壮剤として使われてきた植物です。トンカットアリは過剰摂取してしまうと吐き気や腹痛などの副作用を起こす場合があると言われています。ビルドマッスルhmbに含まれているトンカットアリはごく微量なので心配いりません。ただし、摂取量は守るようにしましょう。

ビルドマッスルHMBの購入はコチラ

ここが嬉しいビルドマッスルhmbの特徴

<低カロリー>
ビルドマッスルhmbの1日分のカロリーはわずか約4カロリーです。プロテインは場合によっては高カロリーとなってしまう場合もありますが、ビルドマッスルhmbであればカロリーを気にせず摂取することができます。

<少量で続けられる>
ビルドマッスルhmbは1日あたり4粒のめば充分だと言われています。この4粒は目安ではありますが、たった4粒でサポートできると思うととても便利です。

<携帯しやすい>
ビルドマッスルhmbはコンパクトサイズなので持ち運びにも便利です。

ビルドマッスルhmbの効果まとめ

いかがでしたか?ビルドマッスルhmbに含まれている嬉しい成分はhmbだけではありません。人間の体に欠かせないと言われているBCAA、筋力回復のサポートを行うグルタミン、成分の吸収を補助するバイオペリン、古くから薬草として使われてきたフェヌグリーク、男性の力をアップさせるトンカットアリなど数多くの成分がプラスされています。
ビルドマッスルHMBの購入はコチラ